2013
08.10

本日のレッスン内容 8/9 【Proffessora Arruda 昇段祝い!】

2013年度

新しい帯を見ると、嬉しい反面、「より精進せねば!」と身の引き締まる思いのするPoliglotaです。

本日は、Batizado後、久々に皆が勢揃いし、総勢10名の賑やかなレッスンとなりました。
では、本日のレッスン内容です。
1. Armada → Terseira negativa → “S” dobrado

2. Meia lua de compasso → Segunda negativa → 足を入れ替えて“S” dobrado

3. Meia lua presaを途中キャンセル → Quarta negativa → 進行方向と反対にMeia lua presa

志木クラス_20130809_01

 

 

 

 

 

 

 

 

4. Meia lua solta → Terseira negativa → Segunda negativa → Quarta negativa

5. Terseira esquiva → Chicote solto → Terseira esquiva

志木クラス_20130809_02

 

 

 

 

 

 

 

 

6. Terseira esquiva → Chicote solto → Meia lua solta → Terseira esquiva

7. Quarta esquiva → Terseira esquiva → できるだけ手を真横についてのAU

志木クラス_20130809_03

 

 

 

 

 

 

 

 

8. Meia lua de compassoを途中キャンセル → Quarta negativa → rasteira

(ここから2人組で練習)

9. Marteroが来たら、中に入って避ける

10. Marteroを Primeira esquivaで避けて、肘を当てに行く

11. Martero に rasteira を合わせる

12. Bencão を Segunda esquiva で避けて中に入る

志木クラス_20130809_04

 

 

 

 

 

 

 

 

13. Roda

志木クラス_20130809_05

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、黄緑帯に昇段したTonkinさんの誕生日が近いので、最後にParabens Rodaをしました。

IMG_0751.JPG (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

Tonkinさん、Parabens!!

Tonkinさんは、今の歳になってから、新たに何かを始めることになるとは思ってもいなかったそうです。彼は、わくわくどーむ時代からのメンバーで、僕よりもカポエイラ歴は長いです。2年ほどしっかりと練習を積み、家族の理解も得た上で、先日のBatizadoで昇段しました。

でも、Batizadoの日、自宅に帰ったら鍵だけでなく、チェーンまで締められていたそうです。(笑)ただ、これは奥さんが間違って締めてしまったそうで、すぐに開けてもらえてもらえたそうで、良かったです。

ちなみに、僕もあの日、自宅に帰ると、チェーンが締められていて、10分ほど締め出されていました。(笑)

でも、こうやってわくわくどーむでカポエイラを始めた主要メンバーが全員帯持ちになったことは、とても感慨深いです。

しかも、今回のレッスンは、10名全員が帯持ちという、今までにはないクラスになり、レッスン内容もいつもよりレベルアップしていて、すごくやりがいがありました。

さらに、レッスン終了後は、サプライズで、先日のBatizadoでProfessora となられたArruda先生の昇段祝いもしました。みんなでAkimotoさんの買ってきてくれた美味しいケーキを囲んで、記念品を渡しました。

志木クラス_20130809_07

 

 

 

 

 

 

 

 

先生には、とても喜んで頂けたようで良かったです。

志木クラス_20130809_08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Arruda先生、Professora昇段おめでとうございます!

 

本日のレッスンも、いろんな要素があり、お祝いイベントが2つもあって、最後の最後まで盛り上がりました。

今年もBatizadoが無事に終わり、一区切りつきましたが、ここからがまた新しいスタートです。メンバーも少しずつ増え、レッスンも賑やかになってきました。次の1年はさらに飛躍の年にしたいと思っています。

 

メンバー1人1人が、しっかりと目標を持って練習に取り組み、活動を続けていけば、着実に埼玉支部は大きくなっていくでしょう。

新しい帯をもらったメンバーは、それぞれが今よりさらに大きな使命と責任を自覚して、自分にできることを1つずつやっていく。

それが大切なんだと思います。

でも、何かを続けていると、いろんな障害や困難にぶつかることがあります。

Mestre Décioは、Batizadoの時、このようなことを言っていました。

「カポエイラには、Negativaという技がある。これは、逃げることではなく、何かに対処したり、乗り越えたりするという意味である。だから、カポエイラだけでなく、人生において何か困難があっても、そこから逃げるのではなく、Negativaで乗り越えていくことが重要だ。」

僕にとって、メストレのこの言葉はとても心に残りました。

逃げるのではなく、乗り越える。

それが人を強くしていくんだと思います。

埼玉支部はまだスタートしたばかりなので、これからもいろんな困難があるとは思いますが、Professora Arrudaを中心に、全員がNegativaの精神で、それに立ち向かい、乗り越えて行きたいと思います。

まずは、この志木から埼玉にカポエイラを発信していきたいです!

いつか志木や、新座が「カポエイラの街」になることを夢見て、僕も自分にできることを頑張ろうと、想いを新たにしました。

まずは、次の1年、それから5年、10年、20年・・・と、未来に向かって進んで行きたい。

そう考えると、今の活動は全て、未来に繋がっているんだなぁと思えて、余計に楽しくなってきました。

そして、まだ見ぬ未来のメンバーのこと、将来の埼玉支部のことについて想像を巡らすと、本当にワクワクしてきます!

こういうこともひっくるめて、カポエイラって本当に楽しいですねー!!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。