2015
02.20

本日のレッスン内容 2/20

2015年度

左膝の痛みが酷くなり、先日しばらく動けなくなってしまったPoliglotaです。

どうやら膝の半月板を損傷してしまったようです。

やっぱり、健康は大切だなぁと、つくづく感じました。。

とは言え、簡単な動きや楽器など、できることだけでも稽古しようと、本日もレッスンに来ました。

本日のキッズクラスは、お誕生日の方が3名もいて、最後は長めの Parabéns roda をしました。

子供たちは、頑張ってポルトガル語の歌を覚え、一生懸命歌いながら、皆でお祝いしました。

お誕生日を迎えたママさん2名、そしてお子さん1名は、全員とJogoして、とても楽しそうでした。

Feliz Aniversário!

その後、大人クラスは、ママさん1名とお子さん3名がキッズクラスから連続で参加され、とても盛り上がりました。

子供たちのAUがものすごくきれい、かつ鋭いので、最後のRodaもかなり様になっていました。

そんな子供たちの頑張りに触発され、大人もしっかりと稽古して、良い汗をかきました。

個人的には、膝の故障であまり動けず、半分くらい見学になってしまったので、残念でした。

子供たちと一緒に稽古したかったですね。

でも、最後のRodaでは、歌と楽器で盛り上げました。

カポエイラは、調子が悪くて動けなくても、こうやって歌や楽器でも参加できます。

そんなカポエイラですが、去年、ユネスコの無形文化遺産に登録されてからは、メディアに登場する機会も増えてきました。

先日は、ユニセフでもこんな動画が取り上げられていました。

ユニセフ カポエイラ動画

以前、学校帰りに武装したグループに誘拐され、2年間も家族と離れ離れになってしまったという、悲惨な出来事を経験した17歳の少年が、カポエイラと出会ったことで、その怒りや人と争い、傷付けたいという気持ちを忘れることができました。

そして、今では、将来はカポエイラの先生になりたいという夢を持っています。

カポエイラは、このように心に平和をもたらしてくれます。

本日のクラスでも、皆でお誕生日Rodaをして、年齢や性別に関わらず、相手との技のやりとりを楽しみました。

身体を操り、相手を尊敬し、周囲で奏でられる音楽を聴きながら、技の出し合いを通じてコミュニケーションや調和を図る。

この楽しさは、やればやるほどクセになります。

この志木から、この素晴らしいブラジル国技、カポエイラを埼玉にもっともっと広めて行きたいですね。

カポエイラにご興味のある方は、是非、お気軽にお越し下さい。

体験・見学いつでも大歓迎です!

image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。