2013
06.01

ビリンバウ張り方講座

楽器 (Instruments)

ビリンバウ(berimbau)のアラーミ(arame)の張り方について簡単に説明します。

最初のうちは、なかなか張れずに苦労しますが、いくつかコツがありますので、この動画を見て何度も練習してみて下さい。慣れてくると簡単に張れるようになってきます。

ちなみに、ビリンバウの木の棒のことをヴェルガ(Verga)、弦のことをアラーミ(arame)といいます。

ヴェルガとして使われる木の種類は、ビリーバ(biriba)が一般的です。この木は弾力性に優れ、張っていたアラーミをほどいた時、再びまっすぐな状態に戻ります。

アラーミの材料は、ピアノ線0.9㎜を使うことが多いですが、ブラジルでは、元々は車のタイヤの中に巻かれているワイヤーが一般的に使われていました。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。